アンティークブラック塗装

ただ単に鉄を黒く塗装する。それではつまらない。
使い古し再塗装してまた使い続ける。
そんな雰囲気に仕上げるため下地塗装をあえてムラになるように塗ります。
その上に黒の塗装をしていきます。

ペンキむらの凹凸が出ています。
塗装が乾いたら今度はアンティークな感じに汚しの加工を入れていきます。
一つ一つ手作業で汚し加工を入れていきます。

アンティークブラック塗装

仕上げは艶を抑えたクリア塗装で仕上げます。

さび塗装塗装

さびた鉄の家具。
実際にさびた鉄の家具があってもカッコいいのかもしれない。
しかし錆は鉄の強度を奪っていきます。そして触れるとボロボロと落ちてしまう。
そこで何とか錆っぽい塗装ができないかと考えた結果。

まず下地に錆の質感を出すために砂粒状の素材を付けていきます。
その上から黒のウレタンを塗ります。

錆塗装

またここからスポンジやハケなど使って錆っぽく色を乗せていきます。
最後にクリア塗装で完成です。

錆塗装


クリア塗装(クロカワ素地)

クロカワとは鉄鋼材を製造する過程で表面にできる酸化被膜のことです。
黒皮とか黒錆とかいいます。
切断すれば中は銀色の鉄なのですが表面は黒い色をしてます。
私たちがよく目にするのは赤茶色の錆ですがそれより先に黒い錆の膜ができてしまっているので錆にくいことになっています。

ですので塗装をしないでそのまま完成という製品もよく見かけます。

ですが決して錆ないわけではないのです。
梅雨時期や湿気の多い場所では錆の進行は早まります。
そして赤い錆が浮いてきます。

鉄なのでいつかはさびてしまうものです。
またゆっくり錆びていくとしても味として楽しめるようにしたいところです。

当工房では錆止めを塗ってその後艶を抑えたウレタン塗装で仕上げています。

クロカワ クリア塗装
さび止めの塗料をハケ塗りします。
塗料を塗ったところは塗らないところに比べ黒味が強くなります。
さらにウレタンクリアの仕上げになります。

参考に
うちの工房のポストです。
ポスト 錆
さび止めをしてウレタンクリア塗装で仕上げて雨の当たるところに設置しております。
雨の中での使用の極端な例ですが
これクリア塗装の内側で錆が進行しているので手で触ってもつるつるしてるんですよ。
いつかは錆が塗装膜を破ってしまいますがその時はメンテナンスです。

※当工房の商品は雨の当たるところを想定して作っておりませんので屋外でのご使用は避けてください。

アンティークホワイト塗装

使い古し再塗装してまた使い続ける。
そんな雰囲気に仕上げるため下地塗装をあえてムラになるように塗ります。
その上に白の塗装をしていきます。

ハケやスポンジでアンティークな感じに塗ります。
アンティークホワイト塗装
クリア塗装で仕上がりです。


木の加工

棚板はつるつるした無機質の合板とは違い
無垢の木材を使い表面を浮造りに加工しています。

天然の木の質感が生きてます。
パイン材はもともと柔らかい木ですが木目を凹凸した加工になったいるため多少傷がついても気になりにくくなってます。
また長く使いつづければ傷も味となって愛着も湧いていくことでしょう。
天然木のため死節や割れ等を含んでおります。

浮造り加工

木目の凹凸が出ています。
ステインでアンティーク調に色を乗せて仕上げはウレタンクリア塗装。

蜜蝋やワックス仕上げも味わいが良いのですがどうしてもメンテナンスの手間がかかります。
また水に弱くついコップの水滴で輪染みができてしまうなんてことも。

当店ではなるべくお手軽にインテリアを楽しんでいただけるようメンテナンスのあまり必要ないウレタン塗装で仕上げております。
蜜蝋やワックス比べ水にも強く汚れも付きにくくなっております。
通常は固く絞った布で拭いていただけば結構です。



ローテーブルアイアン家具ローテーブル シェルフ・飾り棚アイアン家具 ワゴン シューズラックアイアン家具 シューズラック